Billy Joel - Piano Man


ビリー・ジョエル/ピアノ・マン


土曜の夜9時

いつもの客が集まってくる

老人が僕の隣に座り

ジン・トニックを愛でている


彼は言う

「若いの、思い出の曲を弾いてくれないか?

 どんな風だったかはっきり覚えていないけれど

 悲しくて甘い曲だ
 
 私が若い格好をしていた頃には

 完全に覚えていたんだよ」


歌ってくれよ

ピアノマン

今夜 俺たちに歌ってくれ

みんな音楽に酔いたい気分さ

心地よくさせてくれよ


バーテンダーのジョンは僕の友達

いつもタダで酒を飲ませてくれる

気の利いたジョークを飛ばし

煙草に火をつける

だけど彼にふさわしい場所はもっと他にある


彼は言う

「ビル、もううんざりだよ」

彼の顔から笑顔が消える

「俺はきっと映画スターになれると思うんだ

 ここから抜け出すことが出来たらね」


ポールは地位を築いた小説家

奥さんのために時間を使うこともない

話し相手は海軍のデイビー

デイビーはずっと海軍にいる

たぶん一生そうなんだろう


駆け引きしてるウエイトレス

ゆっくりと酔いが回るビジネスマン

そうさ、彼らは孤独という名の酒を分け合ってる

それでも一人で飲むよりはましさ


土曜にしてはなかなかの賑わい

支配人は僕に笑いかける

彼は分かっている

客が見に来てるのは僕だってこと

つかの間 人生を忘れるために


ピアノの音はカーニバルのように響き

マイクはビールの匂い

客はカウンターに座り

僕のグラスにチップを入れる

そして言うんだ

「なあ、君はこんなところで何をしてるんだ?」


歌ってくれよ

ピアノマン

今夜 俺たちに歌ってくれ

みんな音楽に酔いたい気分さ

俺たちを心地よくさせてくれよ
アーティスト一覧