Seal - Kiss from a rose


シール/キス・フロム・ア・ローズ


かつて海の上に灰色の塔があった

君は僕の暗闇を照らす光になった

愛は飲まなくてもハイでいられる薬であり続ける


でも君は知ってたかい

雪が降るとき

僕の目は大きくなって

君の照らす光が見えなくなることを


君は薄明の薔薇からのキスのよう

君に近づくほどに不思議な気持ちになるんだ

そして今

君の薔薇は花開いて

光が薄明の影を照らし出す


一人の男が君に話すことはたくさんある

彼は多くを語るだろう

それだけの思いがあるから


君は僕の力 僕の喜び 僕の痛みであり続ける

僕にとって君はひどくなっていく中毒のようなもの

さからえない

それは健全なことだろうか?


僕は薄明の薔薇にキスされていた

アーティスト一覧