Gilbert O'Sullivan - Alone Again (Naturally)


ギルバート・オサリバン/アローン・アゲイン


しばらく待ってみて

苦しい気分が少しも晴れなければ

こうしようって決めたんだ

近くの塔へ行って

天辺まで上り

身を投げようって

打ち砕かれた人間のありさまを

はっきり見せつけてやるためにね


見捨てられ

立ち尽くす教会で

人々は言う

「なんてことだ、酷すぎる

 彼は花嫁に捨てられたんだ

 ここにいてもしょうがないな

 我々は家に帰ったほうがよさそうだ」

今まで一人でやってきたように

また一人きりになった 当たり前のように


つい昨日のことを思えば

僕は元気で明るく、陽気だった

楽しみにしていたんだ

僕が演じようとしてた役を

やりたがらない人なんていなかっただろう


だけど僕を打ちのめすように

現実はやってきた

なんの前触れもなく

僕を粉々に切り裂いた

疑いの中に僕を残して

神とその慈悲についての話

だってもし神が本当に存在するなら

どうして神は僕を見捨てたのか

僕が助けを必要としているときに

僕は本当に 本当に

また一人になってしまったんだ 当たり前のように


僕にはこう思える

世界には傷ついたたくさんの心が

癒されることもなく

寄り添うものもなく

置き去りにされている

僕らはどうしたらいいんだ

どうしたらいいんだ


また一人きりだ 当たり前のようにね


過ぎゆく月日を振り返り

そこに何を見出すだろう

何より思い出すのは

父が死んだ時のこと

涙を隠そうともせず

僕は思いっきり泣いたんだ


そして65歳のときに

母の魂は眠りについた

唯一愛した男が

なぜ連れて行かれたのか

理解できないままに

残された母は

ひどく傷ついた心で生活を始め

僕の励ましにもかかわらず

言葉を失ってしまった

そして母が亡くなった時

僕は泣いた 一日中泣いた


また一人きりだ 当たり前のように

また一人きりだ・・
アーティスト一覧