Avril Lavigne - Girlfriend


アブリル・ラビーン/ガールフレンド


ねえねえ 君 君

君の彼女気に入らないよ

ありえないよ ありえないって

新しいコ見つけたほうがいいと思うよ

ねえねえ 君 君

私が彼女になってあげてもいいよ


ねえねえ 君 君

私の事好きなの分かってるんだよ

違う 違うってば

秘密なんかじゃないよ

ねえねえ 君 君

君の彼女になりたいんだ


君はすごくカッコイイ

私のものにしたいよ

君はすごくおいしそう

私はいつも君の事を考えてる

もう君に夢中

分からない?

私は君を気分よくさせるために

何でも出来るのに


ごまかさないで

私がすごく貴重だって

君は知ってるくせに

そうなのよ

私は最高のお姫様

君も私が好きだって分かってる

私が言うとおりでしょ?


彼女なんかなんでもないじゃない

もっといい子見つけられるよ

今私たちつき合うべきだと思うの

みんなその話してるしね


私には分かってるんだから

君が私を見て

そして目をそらす時でも

君は私の事考えてるって分かってるよ

いつも私の事話してるって知ってるんだから

何度も何度もね


だからここに来て

私が聞きたい事を聞かせてよ

そう、君の彼女は帰らせてね

君が彼女の名前を呼ぶのを

もう二度と聞きたくないんだ


もうすぐ君は私の指の中

私には出来るから もっと上手くやれるから

他の子には出来ないって 

いつ分かるのよ

彼女ほんと馬鹿だよね

君一体何考えてるわけ?


ねえねえ 君 君

君の彼女気に入らないよ

ありえないよ ありえないって

新しいコ見つけたほうがいいと思うよ

ねえねえ 君 君

私が彼女になってあげてもいいよ


ねえねえ 君 君

私の事好きなの分かってるんだよ

違う 違うってば

秘密なんかじゃないよ

ねえねえ 君 君

君の彼女になりたいんだ

Avril Lavigne - He Wasn't


アブリル・ラビーン/ヒーワズント


今日はそんなにたいしたこともなかった

本当に退屈

遅くなってきたし

私の土曜日なのに何があった?

月曜日が近づいてる

私の大嫌いな月曜日が


ベッドの上に一人座って

電話をじっと見つめてる

私が欲しかったのは彼じゃなかった

私が思ってたのは彼じゃなかった

彼はドアさえ開けようとしない

私は特別だって感じさせてくれることがなかった

彼は私が本当に探していたものじゃないんだ


爪を噛み始めるところ

何もかも失敗しても自分の部屋は綺麗にする

今が抜け出すときなのかもね

こんな考え方も、だんだん鈍ってきている


私たちは選ぶことが出来るし

言いたいことだってある

立ち上がって叫ぼう!

立ち上がって叫ぼうよ


彼は私に

特別だって感じさせてくれることがなかった

特別だって

だって私は特別だったから

アーティスト一覧