Sky Sailing - Brielle


スカイ・セーリング/ブリエル


覆い隠されたポーチのドアに

手書きのメモがつけられている

僕は船で旅立つんだ

岸から遥か、あの日を思い出して

彼女はまだおばあちゃんのドレスを着ていた

白と、薄緑がかった青色のドレス

今年の初めに僕が出ていった時

ここで僕が息をつくなんて誰が思っただろう

新しい場所も色褪せて

寒さを感じ始めるとき

また船で家へ戻るよ


さよなら、ブリエル

ささやき声でしか言えない

僕らがよく知っていた あの甘い夢の中で

僕らの大好きな海辺の町で君に会うんだ

僕らが燃え立たせた氷結の日々が

僕を押し流していった

蝶のように君は浮かび

そして今

君はひとりきり

僕がいつ戻るのか分かっていればよかったけど

だからそれまで、元気でいてね

僕の愛しいブリエル


木々の中 曲がりくねった砂と石の道を歩き

甘い森の空気を吸って

青い鳥に自由であることを気付かせる

新しい場所も色褪せて

寒さを感じ始めるとき

また船で帰ってくるよ
アーティスト一覧